top of page
  • 執筆者の写真KANBEE INTEL,INC. 山本兼嗣

ファン作り ブランド戦略 かっこいいオウンドメディアでストーリーテリングを作るブランド構築

更新日:2月24日

企業の商品や活動を伝える広告として、近年ではオウンドメディアというものが活用されています。ホームページでは、伝えきれないオンタイムの商品やその商品を開発するまでエピソードなど、オウンドメディアは、企業のストーリーテリングを作るコンテンツでは、打ってつけの媒体になります。ストーリーテリング(storytelling)とは、直訳で「物語を話すこと」を意味します。 企業活動や商品の主張に説得力を持たせたり、情報やメッセージを聞き手に印象づけたりする目的で、体験談やエピソード、既存の物語などの「ストーリー」を利用して伝える手法です。弊社は、NYのマーケティング会社とアライアンスを組んでおり、この手法はインターネットが大きく普及し、SNSを交えたweb2時代の宣伝方法として、NYでは、10年ほど前から行われており、時間が必要ですが、その分費用対効果を上回る大変効果的なブランド構築の手法というのを知りました。このストーリーテリングを積み重ねて作っていくことで、その企業の姿勢やモノづくりの考え方、またその企業スタイルなどが可視化され、やがては、その企業のイメージそのものになっていくと私たちは考えています。

御社では、ブランドのオウンドメディアを制作し、顧客のファン化促進に繋げており、誌面媒体だけではなく、オフィシャルホームページにアーカイブとして連動することで、企業様の取り組みやブランドレベルをネット上でも可視化し、ブランドイメージの表現を最大限に行うコンテンツの取り組みを行っています。






















閲覧数:57回0件のコメント

Comments


bottom of page